#1 いつから?何から?離乳食の進め方
見出し画像

#1 いつから?何から?離乳食の進め方

そろそろ離乳食を始める時期だけど…
何から始める?量は?アレルギーが心配、毎回手作りは大変...。そんなお悩みを解決します。

離乳食の目的は?
「飲む」から「食べる」への練習や、赤ちゃんの成長に伴って母乳やミルクのみでは不足する栄養を補うことが目的です。特に、鉄分やビタミンA、ビタミンDなどは意識して取り入れたいですね。

離乳食のタイミングっていつ?

生後5-6か月頃から開始するのが良いとされています。具体的には赤ちゃんに、下記のような様子が見られたら離乳食の開始を考えましょう。

①支えればお座りができる。
②パパやママが食べるのをジーっと見ているなど、食べ物に興味が出てくる。
③スプーンなどを口に入れても舌で押し出さなくなる(吸啜反射の減弱といいます。)。

画像2

離乳食の始め方

おおまかに初期(5~6ヶ月頃)、中期(7~8ヶ月頃)、後期(9~11ヶ月頃)、完了期(12~18ヶ月頃)に分かれています。

最初はおかゆ(米)から始め、慣れてきたらジャガイモ・人参などの野菜、果物、さらに慣れたら豆腐や白身魚、固ゆでした卵黄など、種類を増やしていきます。

魚は白身魚から赤身魚、青魚へ、卵は卵黄から全卵へ、と進めていきます。さらに、食べやすく調理した脂肪の少ない肉類、豆類、各種野菜、海藻と種類を増やしていきます。ヨーグルト、塩分や脂肪分の少ないチーズも用いてもよいでしょう。

画像3

市販のベビーフードもうまく活用しましょう。手軽さだけではなく、味付け、柔らかさ、栄養バランス、組み合わせなど参考にできる点も数多くあります。

注意点

・ハチミツやハチミツを含む食品を与えるのは1歳を過ぎてから。
・牛乳をそのまま飲めるのは1歳過ぎてから(鉄吸収を阻害します。)。
・生ものも避けましょう。
・小さくて丸いもの→2等分か4等分にする。

「母乳とミルクってどうちがうの?」「離乳食の進め方がわからない」 「ご飯の量ってどのくらい?」「硬さは?調理法は?」など哺乳や食事でお困りのこと、その他お子様の健康や育児のお悩みなど、どんな些細なことでもHELPOにご相談ください。


--------------------
HELPOに相談する
※HELPOダウンロード画面に遷移します。
※HELPOはヘルスケアテクノロジーズ株式会社が法人、自治体向けに提供しているヘルスケアアプリです。ご利用に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。
※個人向けの提供は検討中ですが、現在は行っておりません。ご了承ください。

■HELPO導入について問い合わせる
https://healthcare-tech.co.jp/contact/
--------------------

この記事が参加している募集

note新エディタ