テレワークのデメリットや課題を解消し安心して働ける環境を
見出し画像

テレワークのデメリットや課題を解消し安心して働ける環境を

HELPO マガジン

近年の感染症対策の一環として、テレワークという働き方が一気に日本に浸透しました。テレワークは、感染リスクを下げるという点以外にも、ワークライフバランス向上や柔軟な会社の体制が評価されるなど多くのメリットがあることが判明しています。

一方で、コミュニケーション不足による心の不調、勤怠管理の難しさなどといったデメリットも露見してきました。この記事ではテレワークのメリット、デメリットと効果的な対策について詳しく解説します。

【企業】テレワークのデメリット

時間と場所を有効に使えるテレワークは、政府も推進している新しい働き方です。昨今の社会情勢の変化、デジタル化が進む中でテレワークを積極的に取り入れてきた企業も多数存在します。一方でさまざまな課題も出てきました。企業側から見たテレワークのデメリットを確認してみましょう。

情報漏洩リスクがある

社外からオフィスの情報にアクセスするため、常に会社の機密情報や社員・顧客の情報などが漏洩するリスクを抱えています。経営陣としてテレワーク下のセキュリティ強化の取り組みは必然です。また、社員のITリテラシーが低い場合もリスクになります。セキュリティ環境の整備と同時に、リテラシーを高める社員教育も必要になるでしょう。

勤怠管理の困難さ

テレワークでは社員の勤務状況が把握しにくいことも大きなデメリットです。勤怠申請より長い時間業務にあたっており、知らないうちに長時間労働が発生している可能性もあります。実際の勤怠時間が見えない分、社員の申請が頼りですが、企業としてはできる限り正しい状況を知っておきたいところです。

社員の適正な評価が難しい

テレワークの働き方は、仕事の完成形は分かってもそのプロセスは見えにくいのが実情です。社員がどれだけ試行錯誤して作り上げたものなのか、どのような工程で誰がどれくらい関わったのかなど、人事評価を行う際に把握できない部分が出てきます。

社員同士の関わりや協力があったとしても見えにくく、結果的に上司が適正な評価をすることが困難となり、社員にとっては不公平感も出てきます。

社員の健康管理や不調を把握しにくい

普段同じ空間で仕事をしていれば、ちょっとした会話や雰囲気などで社員の不調を察知することができます。しかしテレワークでは文字のやり取りが中心となるため、日々の社員の健康状態までは確認できません。

特にメンタル面で不調をきたした社員は画面越しでは見抜きにくく、不調を抱えたままテレワーク下で孤立してしまうことがあります。

【社員】テレワークのデメリット

社員から見たデメリットも複数挙げられますが、コミュニケーションの機会が減ることによる弊害が大きいといえます。特に在宅勤務者と出社の社員間でのコミュニケーションや情報伝達は課題のひとつです。自社と照らし合わせながらデメリットについて見てみましょう。

インターネット環境に差がある

自宅でテレワークをする際は、個人宅用のネット回線を利用するのが通常です。子どもがオンライン授業を受けていたり、自宅の複数の家電機器などからの電波干渉があったりすると、インターネット環境の快適さは損なわれます。

パソコン自体についても、社員間でパソコンのスペックの違いから差が生じることもあるでしょう。

自己管理が必要

テレワークの場合は自宅などオフィスから離れた場所で自己管理のもと働く必要があります。社内にいる時と同じように業務を遂行する自律・自制の精神が必要です。逆にオーバーワーク気味の人は、積極的に休息を取らなければなりません。怠けていても働き過ぎていても分からない、というテレワーク下では自己管理がしっかりできることが重要です。

コミュニケーション不足に陥りやすい

全社員がテレワークである場合でも、一部の業務従事者がテレワークになるとしてもコミュニケーション不足になることが懸念されます。長期間のコミュニケーション不足は社員同士の軋轢や認識の齟齬にもつながる問題です。

仕事を円滑に進めるためにも、出社しているとき以上に密なコミュニケーションが重要となります。

メンタルヘルスの不調を抱えることも

コミュニケーション不足とテレワークの孤独感や閉塞感が重なり、メンタルヘルスに不調を抱えてしまうケースもあります。気軽に相談する相手が近くにいない、信頼できる同僚と共に仕事ができないことは人によっては大きなストレスになるでしょう。

コミュニケーション不足によるチームワークの悪化やマネジメントの難しさもメンタル面に負担を与えます。

【企業】テレワークのメリット

テレワークを導入するには、社内の十分な環境整備と準備が必要です。うまくテレワークを利用できれば、企業にとってメリットになる点が増えることは間違いないでしょう。自社においては、どの部署から始めればよいかなど想像しながらメリットを考えてみましょう。

コスト削減が望める

テレワークにおけるメリットのひとつとして、コストを抑えられる点が挙げられます。具体的には社員に支給している通勤費、オフィスの賃料、通信費や光熱費などです。テレワーク手当などを支給するとしても、長い目で見て固定費などと比較をしていくとコスト面ではプラスになる可能性が高いといえます。

リスク分散ができる

荒天などの思わぬ災害に見舞われた時に、出社をしなくとも仕事が継続できるのは強みになります。会社が被災したとしてもそれぞれの自宅で仕事が継続でき、出社により社員を危険にさらすこともありません。

感染症をはじめとした疫病が流行した際も、自宅で感染のリスクがなく仕事ができることは社員にとっても安心感を得られ、能率が下がることもないでしょう。

従業員満足度がアップし離職者が減る

働き方改革の後押しもあり、日本人の働き方はここ数年で大きく変化しました。テレワーク制度が導入されている企業は、相対的に評価が高い傾向があります。評価のよい企業には優秀な人材が集まりやすく、環境がよければ従業員満足度は上昇し離職率も少ないでしょう。

テレワークを推進するには社内の環境整備が必要になりますが、その整備の労力を上回るメリットがあるといえます。

【社員】テレワークのメリット

社員から見ると時間的な余裕ができることが最大の利点ですが、特に感染症が気になる時世では、通勤による感染リスクを抑えられることも大きなメリットでしょう。事前に考えられるデメリットへの対策を取ってテレワークを導入すれば、個人・企業どちらにとっても大きな飛躍につながる可能性があります。

場所と時間にとらわれない

社員は毎日の通勤時間が無くなるため、その時間を全て自分の時間として使えます。余暇や休息、家庭の家事や育児の時間などにも充てることができ、業務の前準備や調べものをする時間としても活用できるでしょう。時間に余裕があれば気持ちにもゆとりが生まれます。結果的に仕事のパフォーマンス向上につながることが期待できるでしょう。

育児や介護との両立が望める

育児や介護など家庭の事情で、どうしても離職を余儀なくされる社員も少なからず存在します。テレワークであれば、ある程度の自由が利くため家庭と仕事の両立を図ることが可能です。

子どもを迎えに行く直前まで仕事に従事できる、小学生の子どもの帰宅を家で待てる安心感があることなどから、子育て中の方には満足度の高い働き方になっています。

テレワークならばどこで働くのも自由なため、会社に所属しながら遠距離で家族と暮らすことも可能です。家族の様子を確認できる実家に戻り、ケアマネジャーなどに頼りながらテレワークで仕事を続けるケースもあります。

ワークライフバランスの均整が取れ生産性向上につながる

時間に余裕があり、余暇を楽しんだり家族と過ごす時間が増えたりすることでワークライフバランス向上が見込めます。プライベートと仕事の調和が取れれば、結果的に効率性や生産性もアップするでしょう。

社員にとってはテレワークによって時間が有意義に使えることが最大のメリットです。現在抱えているタスクの効率化だけでなく、将来のことを考える時間を持て、スキルアップに挑戦することもできます。

テレワークのデメリットを改善するための制度対策

テレワークのメリット・デメリットが分かったら、具体的に解決策を考えてみましょう。柔軟な働き方は魅力がある反面、課題もあります。課題をクリアすれば企業と社員どちらにとっても素晴らしい働き方となるはずです。

勤怠管理ツール・チャットツールの導入

■勤怠管理問題
勤怠管理ツールを導入し可視化しましょう。労働時間と実際の作業が把握できるツールは随時業務の進捗が確認でき、時間と業務内容が合致しているかどうかが分かります。

■コミュニケーション不足の解消
チャットツールや大人数会議ができるツールなどの導入を進めます。チャットツールはチーム毎に設定したり、個別チャットや大人数の会議ができたりする機能があれば使い勝手がよいでしょう。

人事評価制度を見直す

テレワーク下では通常の評価と異なる制度を設けることで不公平感が無く評価もスムーズになります。業務を定量化する、結果だけでなくプロセスも可視化して評価に含められるようにするなど、自社の業務に合わせて見直す必要があるでしょう。

人事評価は社員のモチベーションに直結するため、出勤社員とテレワーク社員間で不公平感のない制度を設けます。

セキュリティ対策を万全にする

テレワーク社員は会社の資料や情報を自宅などで扱い、社内のシステムにアクセスして業務を進めることになります。まずは企業がVPN接続を確立したり、不正アクセスやマルウェア侵入防止を万全にしたりする対策が重要です。

それに加えて、社員のITリテラシーを高めるための研修や教育を実施します。セキュリティに関連するマニュアルの整備も有効です。

テレワークのデメリットを改善するための健康管理対策

在宅で仕事をしていても、出社している場合と同じ健康状態を維持することがテレワーク成功の鍵ともいえます。企業が働きかけて健康促進を進めることはもちろん、社員自身の積極性も必要です。運動不足を感じたら身体を動かす習慣を、メンタル面に不安があればストレス解消のための手段を持ち、時には誰かに相談することも大切になります。

健康状態を把握し可視化する

定期的な健康チェック、ストレスチェックをすることでテレワーク社員の不調を早期発見することができます。簡単に回答できるチェックシートなどを利用し管理しましょう。厚生労働省が促している、テレワークの作業環境整備についてのガイドラインを周知させるのも健康管理のひとつです。

また、サービス残業の予防として社内システムやチャットツールに時間的な制限を付けるケースもあります。これも健康管理の一環として有効な手段です。

社員自身も積極的に取り組む姿勢を

健康管理やメンタルヘルス対策に関する教育や研修を行っても、社員自身が能動的でなければ効力は小さくなってしまいます。テレワークという働き方で、出社するのと同じ健康状態を維持するためには本人の積極性も欠かせません。

まずは疾患の未然に防ぐ一次予防を第一に、身体の疲れや精神的な不調を感じたら対策を取る心掛けが大切である、ということを社員自身が認識する必要があります。

健康管理・相談ツールの導入

社員の健康状態を可視化すれば現状が分かるようになります。その際に改善の余地があるならば、専門家の力を借りることを検討しましょう。メンタルサポート対策のために産業医や保健師、心理カウンセラーなどと連携を取り社員の健康維持に努めます。

気軽に相談できるメール相談やチャット相談室などを社員が利用できるよう、自社に窓口を設置するのもひとつの案です。テレワークが一般的となった現代では福利厚生の一環としても実用性があります。

テレワークの健康管理にHELPOがおすすめ

テレワーク中の社員の様子を確実に知ることは難しいものです。精神面の不調は自覚しても改善策が分かりにくく、体調が優れないまま頑張って仕事を続けてしまうこともあるでしょう。そんなテレワークの健康管理には、気軽に専門家に相談ができるHELPO(へルポ)の活用がおすすめです。

スマートフォンのアプリからチャット形式で自分の状態を知らせることができ、医師、看護師、薬剤師などのエキスパートにより適切なアドバイスや対策をもらえます。市販薬の購入や、オンライン診療もアプリから行うことができます。

まとめ

テレワークにはメリットだけではなくデメリットもありますが、デメリットになる点については改善策がさまざまあります。各種ツールや社員教育を実施して快適なテレワーク環境を目指しましょう。

出社しない分、健康管理がおざなりになりがちな点は企業側から積極的に働きかけていく必要があるかもしれません。テレワークという働き方に最適な、遠隔地でも利用可能なHELPOを活用して社員の健康を守りましょう。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!