【厳選5選】従業員満足度を高める取り組み事例~メリットや高める方法も解説
見出し画像

【厳選5選】従業員満足度を高める取り組み事例~メリットや高める方法も解説

HELPO マガジン

従業員満足度の向上は、企業の業績を上げるために必要なことです。しかし、具体的にはどうすればいいのかわからない方も多いかもしれません。実際の従業員満足度を高める取り組み事例を参照すれば、向上への糸口が掴めることでしょう。

そこでこの記事では、従業員満足度を高めると企業が得られるメリットや、高める方法について解説し、従業員満足度を高めた取り組み事例を紹介します。

従業員満足度とは

従業員満足度を高めるためには、まず、従業員満足度が何を表す指標なのかを理解し、どのような要因によって決まるのかを把握しておかなければなりません。

従業員満足度とは何か、従業員満足度は何によって決まるのかについて解説します。

従業員満足度とは何か
従業員満足度とは、職場や企業に対して従業員がどれくらい満足しているかを測る指標のことです。職場環境、上司との関係、企業のビジョン、給与など様々な要素からアンケート調査を行って分析します。

従業員満足度と似た言葉に、従業員エンゲージメントがあります。従業員満足度は、従業員から見た企業への満足度を表します。一方で、従業員エンゲージメントは、従業員が自発的に企業に貢献する意欲を指す指標のことであり、企業と従業員の関係を測定したものです。

従業員満足度は何によって決まるのか
企業にとっては従業員満足度を向上させることが大切ですが、何によって決まるのでしょうか。アメリカで提唱されている「二要因理論」によると、満足度を上げる「動機付け要因」と、満足度を下げる「衛生要因」の2つの要因によって決まるとされています。

動機付け要因は、仕事のやりがいや量や質、公正な評価、納得できる処遇、自己の成長などです。衛生要因は、職場の雰囲気、人間関係、報酬、企業ビジョン、福利厚生などです。

ポイントは、衛生要因を取り除くだけでは満足度の向上にはつながらないということです。あくまでも動機付け要因に働きかけなければ、満足度は上がらないことに注意しましょう。

従業員満足度を高めると企業が得られるメリット

画像3

従業員満足度の向上は、企業の業績を上げるために必要なことですが、具体的には、どのようなことが企業にとってメリットになるのでしょうか。

従業員満足度を高めると企業が得られる3点のメリットである、従業員のモチベーション・生産性の向上、従業員の定着、顧客満足度アップについて解説します。

従業員のモチベーション・生産性の向上
従業員満足度が高い企業においては、従業員の業務に対するモチベーションが向上し、積極的、自発的に行動するようになります。上司に対しても積極的に意見をしてくれるように求めるので、上司のモチベーションも向上します。

社内の雰囲気が良くなり、コミュニケーションも活性化し、業務の無駄を省いてより良い製品やサービスを顧客に提供しようという意欲が高まるため、結果として生産性が高まります。企業の業績が上がると、さらに従業員満足度が高まるという好循環が生まれます。

従業員の定着
企業にとって、優秀な人材が離職してしまうことは大きな損失です。離職を止めるためには、従業員満足度の向上が欠かせません。

従業員満足度が高ければ、この職場で働き続けたいと考えるため、従業員は定着します。そのため、優秀な人材はさらに成長していきます。離職率が低下することによって、採用コストや人材教育コストを抑えることもできます。

また、従業員満足度の高い企業であることは、求職者にとっても大きな魅力となります。優秀な人材がさらに入社してくることにつながるのです。

顧客満足度アップ
従業員満足度が向上すると、商品やサービスの質が上がります。それと共に、商品やサービスについて、従業員も積極的に理解しようとします。また、従業員による顧客への対応が丁寧になります。結果として、顧客満足度もアップします。直接、従業員と顧客が接する機会のある業種では、すぐに効果が現れるでしょう。

つまり、従業員満足度と顧客満足度には相関関係があるので、従業員満足度をないがしろにしていては顧客満足度は上がりません。

従業員満足度を高める方法

画像4

従業員満足度を高めるためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

具体的な6つの方法、ワークライフバランス、社内コミュニケーションの促進、人事評価制度の見直し、企業の経営ビジョンの共有、労働条件・職場環境を整える、福利厚生の充実について解説します。

ワークライフバランス
仕事と仕事以外の生活の調和を取り、その両方を充実させるワークライフバランスが実現されると、従業員満足度は高まります。

具体的には、短時間勤務・時間差勤務・テレワーク、育児休暇・介護休暇の拡充、フレックスタイム制を一例とした柔軟な働き方、労働時間の短縮化などの取り組みが考えられます。

社内コミュニケーションの促進
従業員同士のコミュニケーションが活性化し、人間関係が良好であれば、職場の雰囲気は良くなり、従業員満足度は上がるでしょう。社内コミュニケーションを促進させる仕組み作りが必要です。

社内SNSやチャットツール、感謝を伝えるツールを取り入れたり、会議での否定的発言の抑制をルール化したりすることが考えられます。

また、上司から受けるマネジメントへの納得感も重要です。上司から認められていると感じられるか、ある程度の権限を委譲されているか、部下の思いを汲んでくれているかなど、従業員満足度に関わるポイントがあります。

人事評価制度の見直し
従業員の努力を正当に評価する人事評価制度が構築されていれば、モチベーションは高まり従業員満足度は向上します。

また、働きに見合った報酬を得ているという納得感を従業員に与えるためには、報酬決定の過程を明確化・透明化することも大切です。評価方法が周知されていれば、従業員も自分の報酬に納得し、従業員満足度は高まるでしょう。

企業の経営ビジョンの共有
企業の経営ビジョンとは、どのように社会へ貢献していくかという方向性のことです。企業ビジョンが従業員に浸透していれば、企業の一員であることに誇りを持ち、企業に期待をもち、積極的に企業の向かうゴールを目指したいと考えるようになるでしょう。

具体的には、経営理念を記載したクレドカードを携帯してもらったり、経営ビジョンに貢献したことを人事評価制度に反映させたりするなどの方法があります。

労働条件・職場環境を整える
従業員が働きやすい労働条件・職場環境を整えることも、従業員満足度の向上につながります。業務効率の向上、労働時間の削減などを実現させましょう。

具体的には、仕事を見直し無駄な仕事を削減する、業務の外注を検討する、会議時間を削減するなどが考えられます。

福利厚生の充実
福利厚生が充実していないと、従業員満足度は下がってしまいます。従業員の要望を踏まえた上で、必要とされている福利厚生を充実させましょう。

具体的には、有給が取得しやすい環境を整える、外部から福利厚生サービスを導入する、育児支援・介護支援の拡充、健康診断助成などの拡充などが考えられます。

福利厚生の充実は、会社の独自性を打ち出しやすい分野でもあります。

従業員満足度を高める取り組み事例

画像5

実際に、従業員満足度を高めることに成功した企業は、どのようなことを行っているのでしょうか。

従業員満足度を高めた5社の取り組み事例として、働きやすさを重視した福利厚生、離職率を劇的に改善した働き方、柔軟な人事制度、企業の経営ビジョンの共有、従業員の食事をサポートについて紹介します。

働きやすさを重視した福利厚生
株式会社メルカリは、働きやすさを重視した福利厚生に力を入れています。その特徴は、全ての社員に平等に福利厚生を行うという観点よりも、ライフステージごとへのサポートを重視するという点にあります。

具体的には、育休・産休中の給与を100%保障、不妊治療費の支援、認可外保育園の保育料補助、産休・育休・介護休業時の復職一時金、全社員の死亡保険加入などです。

また、副業の推奨や、リラックス休暇、ビジネス書・技術書の費用補助、有料セミナー・語学学習料の負担などのユニークな制度も充実しています

離職率を劇的に改善した働き方
サイボウズ株式会社は、ワークライフバランスを見直し離職率を劇的に改善しました。

コンセプトは「100人いたら100通りの働き方」というもので、柔軟で多様な働き方を推奨しました。結果として、従業員満足度は向上し、28%もあった離職率は3%前後に改善しました。

具体的な取り組みとしては、
■最長6年間の育児・介護休暇制度
■育児・介護短時間勤務制度
■個人の事情に応じて勤務時間や場所を決めることができる「働き方宣言制度」
■単発で在宅勤務ができる「ウルトラワーク(在宅勤務制度)」
■退職しても最長6年間は復帰ができる「育自分休暇制度」
■副(複)業許可
■海外を含む他部署への体験入部
■緊急時の「子連れ出勤制度」
などがあります。

柔軟な人事制度
株式会社ディー・エヌ・エーは、人事部や直属の上司の承認なしで異動ができる柔軟な人事制度「シェイクハンズ制度」を導入しました。異動先の部署と本人の合意によって、希望する他部署へ異動できます。

この制度によって社員の能力が最大限に発揮できるようになりました。事業部の方から、他部署に所属している社員に声をかけることもできますし、Webからエントリーすることもできます。

希望の部署に移動することで従業員のパフォーマンスは上がり、移動しなかった人も、今後のキャリアについて考えるようになりました。

企業の経営ビジョンの共有
株式会社セールスフォース・ドットコムは、従業員のモチベーションを高めるために、企業のビジョンをシンプルでわかりやすいものに変更して、合言葉のように従業員に共有してもらいました。

具体的には、以下の3つです。
■チャレンジして新しいものを見つけていく「Frontier spirits」
■目標達成に向けて地道にやり抜く力「Grit」
■Fun・Enjoy・Positive・Passionの頭文字を並べた「FEPP」

ビジョンが覚えやすくなったことにより、仕事のやりがいを感じられるようになり、従業員のモチベーションが高まりました。

従業員の食事をサポート
株式会社丹青社は、福利厚生の一環として、従業員の食事をサポートしています。1品100円でお惣菜を購入できる設置型の社食サービス「オフィスおかん」を導入し、従業員が好きな時間に好きな量の食事を取れるようにしています。仕事の合間に、バランスの取れた健康的な食事を社内で取れるようになり、従業員の食に対する意識も上がりました。

また、体重計などを製造している株式会社タニタは、従業員の健康の維持・増進を目標として、ヘルシーメニューを提供する社員食堂でも知られています。食堂について対外的にも知られるようになり、社員食堂のメニューを提供するレストランもオープンしています。

ヘルスケアアプリ「HELPO」

従業員満足度を向上させるためには、ワークライフバランス、社内コミュニケーションの促進、人事評価制度の見直し、企業の経営ビジョンの共有、労働条件・職場環境を整える、福利厚生の充実などの方法があります。

そのうちの一つである、従業員の福利厚生を充実させるために活用できるのが、ヘルスケアアプリ「HELPO」です。

病院を受診するほどではない軽い体調不良は、つい放置してしまうものです。しかし、その段階で対処することが病気の重症化を防ぐことにつながります。

健康に不安がある時は、「HELPO」にて、医師・看護師・薬剤師ら専門家からなる医療専門チームに気軽に健康医療相談をして、チャット形式でアドバイスをもらうことができます。24時間365日体制で受け付けていますので安心です。

体調不良だけではなく、健康についての気になることや、生活習慣の悩みなどについても相談できますので、健康管理には心強い味方です。

まとめ

画像6

従業員満足度の向上は、企業の業績アップにとって、生産性の向上、従業員の定着、顧客満足度の向上などにつながる重要な課題です。従業員満足度を高める取り組み事例を参考にして、積極的に改善していきましょう。

ヘルスケアテクノロジーズでは、ヘルスケアアプリ「HELPO」を通じて、従業員の健康管理をサポートいたします。
従業員の福利厚生を充実させたい、ヘルスケアサポートに興味を持っている、企業様からのお問い合わせをお待ちしております。

画像1
画像2


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!