鍛えればお酒に強くなれるって本当?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

鍛えればお酒に強くなれるって本当?

HELPO マガジン

新型コロナウイルスによる外出自粛や在宅勤務のストレスから、自宅でお酒を飲む機会が増えている方も多いと思います。
飲酒は気持ちをリラックスさせたり、仲間とのコミュニケーションの場を盛り上げるなど、様々な良い面がありますよね。
お酒は飲めば飲むほど“強くなる”という話を一度は聞いたことがあるかもしれませんが、本当でしょうか?
今回は、分かっているようで意外と知らない飲酒に関する正しい知識を取り上げていきます。

画像3

お酒に強いとはどういうこと?

お酒に強い、弱いという体質の差は、その人の体、正確には肝臓がどれくらいアルコールの代謝が得意かということの違いによるものです。すなわち、アルコールの代謝が活発な人は「お酒が強い」、代謝のサイクルが弱い人は「お酒が弱い」ということになります。
肝臓では2段階のプロセスで、体に害がないようにアルコールを無毒化します。(アルコール代謝)
◆第1段階
アルコール→アルコール脱水素酵素→アセトアルデヒド
◆第2段階
アセトアルデヒド→アセトアルデヒド脱水素酵素→酢酸

適度なほろ酔い状態で、美味しくお酒を飲める量には、個人差があるのは当然のことです。
前述したアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きが弱いと、わずかな量のお酒でも、顔が赤くなったり、頭痛や吐き気を催すなどの症状が表れます。
これは、遺伝による生まれつきの体質といえます。

鍛えればお酒に強くなれる?その真相

お酒に強いかどうかは遺伝で決まるとすれば、「お酒をたくさん飲めば強くなる」ということは“都市伝説”なのでしょうか? 実はこのような話が生まれた背景には理由があります。
ALDHには数種類あり、その中の「ALDH2」をつくる遺伝子の違いが、お酒に強いかどうかに大きく関係しています。
ALDH2は、代謝能力の高いN型と、代謝能力が低いD型の2つの種類があり、血液型の組み合わせのように、「NN型」「ND型」「DD型」の3種類いずれかのALDH2をもっています。
この型によって、お酒が飲めるかどうかの体質 が決まりますが、「ND型」の人はお酒が強い遺伝子と弱い遺伝子両方をもっています。この場合、お酒を飲むほどある程度アルコール代謝の一部がよくなり、 お酒に強くなる可能性があるのです。

しかし、お酒に弱い体質を持ち合わせているため、二日酔いになりやすかったりしますので無理は厳禁です。
※ALDH2の遺伝子タイプ

スクリーンショット 2021-12-14 12.10.49

遺伝以外で注意したい要因

体格差や男女差、年齢差でもお酒への強さが変わります。
女性は男性に比べてお酒に「弱い」と言われています。女性は男性より体が小さい場合が多く、女性ホルモンがアルコールの分解を抑える作用があるためです。
また、高齢者の方が若者に比べてお酒に「弱い」傾向です。体内の水分量が少ないことや加齢に伴う身体機能の変化が影響しています。

画像3

最後に

これからの季節、忘年会や正月、新年会と、お酒を飲む機会が増える方も多いかと思います。
適度な飲酒はストレス発散・血行促進など体に良い働きをします。しかし、体がアルコールを処理する能力には限界があり、過度の飲酒は逆に体に害を与えてしまいます。HELPOでは、二日酔いの予防・対策などアルコールに関するご案内も可能です。いつでもお気軽にご相談ください。


**********
【ミニコラム】手軽にできるお酒の強さチェック法
自身の適量を知り、長く飲酒をお楽しみたいですよね。
自分で調べる方法の一つとして、簡易アルコールパッチテストがあります。
少しでも気になる方は、ぜひ試してみてください。

●手順
①薬剤のついていない絆創膏に、消毒用アルコールを2、3滴たらす。
②そのまま、上腕の内側に貼付。
③7分経過したら剥がし、反応を確認。
④さらに10分経ったら、もう一度反応を確認。
以上の手順を行い、絆創膏を貼った個所の反応を確認します。

●判断基準
・色がまったく変わらなかった人:お酒に強い体質
・手順③で赤くなった人:お酒をまったく飲めない体質
・手順④で赤くなった人 :お酒は飲めるが、お酒に弱い体質…

画像4

**********
--------------------
■HELPOに相談する
※HELPOダウンロード画面に遷移します。
※HELPOはヘルスケアテクノロジーズ株式会社が法人、自治体向けに提供しているヘルスケアアプリです。ご利用に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。
※個人向けの提供は検討中ですが、現在は行っておりません。ご了承ください。

■HELPO導入について問い合わせる
https://healthcare-tech.co.jp/contact/
--------------------

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!