「自分の健康は自分で守る」ために 健康診断結果を見直そう
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「自分の健康は自分で守る」ために 健康診断結果を見直そう

健康診断はもう受けましたか?「面倒だけど会社で義務付けられているから」といった後ろ向きな気持ちで受診し、なんとなく結果を眺めただけとなっている人も多いかもしれません。しかし、健康診断自体は無料でも、毎月高い健康保険料をお給料から払っていることを忘れていませんか?
どうせならきちんと受診し、自分の健康管理に役立てましょう。

「健診」と「検診」の違いわかりますか?

「けんしん」と辞書でひくと、確かに健診と検診が出てきます。「健診」は健康診断の略であり、健康を診断するものです。会社で行う定期健診や、特定健診(特定健康診査)が主のものになります。肥満はないか、血圧は大丈夫かなど、体の全体的なチェックとなり、生活習慣を見直すことが目的となります。
一方、「検診」はガン検診(胃がん、大腸がん、肺がん、子宮がん、乳がん等)や、歯科検診など、特定の臓器を検査し、特定の病気を早期に発見して早期に治療することが目的としなります。

健康診断にはいつかの種類あります。

【特定健診・保健指導】…平成20年から始まった、いわゆるメタボ健診です。40歳から74歳までが対象です。
【職場での健診】…労働安全衛生法でその実施が定められ、事業主が費用を負担します。正社員だけでなく、非正規社員も1週間の所定労働時間が同種の業務を行う正社員の3/4以上となる場合は対象となります。
【学校での健診】…学校保健法で定められ、身長、体重、栄養状態、視力、聴力、目の疾患・耳鼻咽頭の疾患・皮膚疾患・心臓疾患などの有無などを調べます。
【人間ドック】…病院や健診センターで、身体各部位の検査を受けて、臓器の異常や病気の有無を調べる健康診断です。人間ドックは任意ですので、費用は自己負担になります。

画像2

健診結果との向き合い方

要検査や精密検査と指示があったときは、「既に病気を発症しているわけでないが、病気を発症するリスクが高い状態」ということです。そのまま放置すると、状態がどんどん悪化して「病気を発症した」状態まで進んでしまう恐れがあります。健診の結果が出たらすぐに目を通し、要検査・精密検査などの指示があったときは、必ず医療機関を受診してください。

また、要検査になるほどではなくても、「軽度の異常」や「経過観察」などの表記があるときは、「異常なし」に近づくように日常生活を見直す必要があります。
・食生活や運動習慣の改善
・休養をとる
・禁煙や、飲酒の制限
などの生活習慣の改善目標を立て、実践していきましょう。

異常なしの場合は「ひとまず生活習慣に大きな問題はない」と考えられます。油断せず、このまま健康的な生活習慣を維持していくようにしてください。

画像1

これから健診を受けるあなたへ 検診にあたっての心構え

健診の直前だけお酒を抜いたり、ダイエットしたりする人がいますが、その場だけ取り繕うことは正しい診断結果に結びつきません。例えば、普段の血糖値は危険な範囲にあるのに、数日間極端に糖質を制限したことで、検査の日だけたまたま正常な範囲内に血糖値がおさまったという結果が出たとしましょう。これは「糖尿病を発症するリスク」に気づかないまま、いつもの生活を続けてしまうことになるので危険です。
健診は、現状の健康状態から日常生活の様子を知るためのものです。検査前も普段と同じ生活を過ごすようにしてください。

「自分の健康は自分で守る」ために、健診(健康診断)は大切です

最近では、生活習慣病になる要素がたくさんあります。
例えば、運動不足や睡眠不足、食べすぎや飲み過ぎ、タバコがやめられないなど。気を付けないといけないとわかっていても自分には甘くなりがちです。さらには、コロナ禍で普段以上にストレスもたまりやすく、悪い習慣に拍車がかかっているかもしれません。
健康診断をひとつの機会として、自身の健康状態や生活習慣を見直し、病気の早期発見・治療にうまく活用していただければ幸いです。

健康診断で心配な結果がある場合や、異常はなかったが不安な症状がある場合など、お気軽にHELPOにご相談ください。

--------------------
■HELPOに相談する
※HELPOダウンロード画面に遷移します。
※HELPOはヘルスケアテクノロジーズ株式会社が法人、自治体向けに提供しているヘルスケアアプリです。ご利用に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。
※個人向けの提供は検討中ですが、現在は行っておりません。ご了承ください。

■HELPO導入について問い合わせる
https://healthcare-tech.co.jp/contact/
--------------------