HELPO マガジン
従業員満足度を向上させるためにすべきこととは?メリットや調査方法も解説
見出し画像

従業員満足度を向上させるためにすべきこととは?メリットや調査方法も解説

HELPO マガジン

従業員満足度の向上は、企業にとって重要な課題です。もし低下してしまうと、経営にも大きな影響が及んでしまいます。

従業員満足度を向上させられれば、業績のアップなど、企業が得られるメリットは多数あります。では、どうすれば向上させられるのでしょうか。

そこで、この記事では、従業員満足度を向上させるために取り組むべきこと、従業員満足度を把握するための調査について解説します。また、企業が得られるメリットについても説明します。

従業員満足度とは何か

画像1

従業員満足度を向上させるための第一歩として、従業員満足度が何を示す指標であるのかを理解し、決定する要因が何なのかを知らなければなりません。従業員満足度の定義、従業員満足度を決定する要因について説明します。

従業員満足度の定義
従業員満足度とは、従業員が自分の所属している職場や企業に対して、どれくらい満足しているのかを示す指標のことです。職場環境、上司との関係、企業の経営ビジョン、働きがい、給与、福利厚生などの要素について、アンケート調査を行って分析します。

従業員満足度の向上は、経営者が取り組まなければならない重要な課題です。社会からの要請でもありますが、企業の業績アップにもつながるため、経営上の課題でもあると捉えるべきでしょう。

従業員満足度を決定する要因 動機付け要因と衛生要因
従業員満足度を決定する要因には、満足度を上げる「動機付け要因」と、満足度を下げる「衛生要因」の2つがあると言われています。

動機付け要因は、「働きがい」に関わるものです。仕事のやりがい、仕事への興味、仕事の量や質、公正な評価、周囲からの承認、昇進、自己の成長などが該当します。仕事へのやりがいが感じられると、従業員満足度が向上するのです。

衛生要因は、「不満足」に関わるものです。職場の雰囲気、組織風土、人間関係、報酬水準、企業ビジョン、福利厚生などが該当します。働くための土台となる部分が不十分であると、従業員は不満足を覚えます。

従業員満足度を向上させると企業が得られるメリット

画像2

従業員満足度の向上は企業にとって重要な課題ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

従業員満足度を向上させると企業が得られるメリットとして、生産性の向上、優秀な人材の確保、顧客満足度の向上の3点について説明します。

生産性の向上
従業員満足度を向上させると、従業員の業務に対するモチベーションが高まり、積極的、自発的に、顧客により良い製品やサービスを提供しようと考えて行動するようになります。すると、コミュニケーションも活性化し、社内の従業員一人ひとりの生産性が向上します。結果として、企業の生産性が高まります。

企業の業績が上がると利益は従業員に還元され、さらに従業員満足度が高まるという好循環が生まれます。

優秀な人材の確保
離職者が増えると、採用コスト、教育コストがかさんでしまいます。また、優秀な人材が離職することは、企業運営にとっても大きな損失です。離職を抑制するためには、従業員満足度の向上が欠かせません。

従業員満足度を向上させれば、今の企業で働き続けたいと従業員は考えるので定着します。そのため、スキルを磨いて優秀な人材はさらに成長していきます。また、従業員満足度の高い企業は、当然、求職者をひきつけます。優秀な人材のさらなる確保につながるのです。

顧客満足度の向上
従業員満足度と顧客満足度には相関関係があります。従業員満足度が向上すると、顧客満足度も向上するのです。

従業員満足度が向上すると、従業員のモチベーションが高まり、商品やサービスの質が上がります。同時に、従業員による顧客への対応が丁寧になります。その結果、顧客満足度が向上するのです。

顧客満足度の向上は、企業の業績アップへの道筋です。そのためには、まず、従業員満足度を向上させることを考えましょう。

従業員満足度を向上させるために取り組むべきこと

画像3

従業員満足度を向上させるためには、具体的には、何をすればいいのでしょうか。

従業員満足度を向上させるために取り組むべきこととして、企業の経営ビジョンの共有、社会貢献できるという感覚、働きやすさを重視した労働条件・職場環境、円滑な社内コミュニケーション、充実した福利厚生の5点について解説します。

企業の経営ビジョンの共有~安心と希望ある将来のために
企業の経営ビジョンとは、企業がどのように社会へ貢献していくかという方向性のことです。従業員は経営ビジョンを共有することによって、自分自身や企業の将来像をイメージすることができます。

先行きが見えることによって、企業の一員であることに誇りを持ち、現在の業務の意味を理解でき、意欲を高めることができるでしょう。仕事へのモチベーションが上がり、従業員満足度が向上します。

社会貢献できるという感覚
自分が実際に携わっている仕事が、企業の運営に参画しているのだという実感を持つこと、さらには仕事を通じて社会貢献できるという感覚を持つことで、従業員満足度は向上します。

社会貢献できるという感覚は、仕事のやりがいとなります。ただし、職種によっては、直接的に社会貢献について感じにくい場合があるでしょう。経営者が、自分たちの組織が社会にもたらす影響について、従業員に向けて積極的に説明する必要があります。

働きやすさを重視した労働条件・職場環境
働きやすさを重視した労働条件・職場環境を整えることは、従業員満足度を向上させます。

業務効率の向上、労働時間の短縮化などに加えて、ワークライフバランスの実現を目指しましょう。具体的には、フレックスタイム制・短時間勤務・時間差勤務・テレワークなどの多様な働き方、育児休暇・介護休暇の拡充などの取り組みが考えられます。

円滑な社内コミュニケーション
円滑な社内コミュニケーションが行われ、従業員間の人間関係が良好であれば、従業員満足度は上がるでしょう。そのためには、社内SNSやビジネスチャットの活用など、社内コミュニケーションを促進させる仕組み作りが必要です。

上司とのコミュニケーションを円滑にするためには、定期的な1対1の面談「1on1ミーティング」を行いましょう。Web会議システムも活用できます。

また、従業員が上司から受けるマネジメントへの納得感が持てることも重要です。上司から認められていると感じられるか、部下の思いを汲んでくれているかなど、従業員満足度に大きく関わるポイントがあります。

充実した福利厚生
充実した福利厚生は、企業が従業員を大切にする気持ちを表すのに最適なツールです。福利厚生が充実していないと、従業員満足度は下がってしまいます。従業員がどのような福利厚生を望んでいるかという要望を踏まえた上で充実させましょう。

具体的には、家賃補助、有給が取得しやすい環境を整える、外部から福利厚生サービスを導入する、育児支援・介護支援の拡充、健康診断助成、食事補助などが考えられます。また、ユニークな福利厚生を行うことによって、会社の独自性を打ち出しやすい分野でもあります。

従業員満足度を把握するための調査

画像4

従業員満足度を向上させようとする前に、現在の状態を把握しておかなければなりません。従業員満足度はどのようにして測定できるのでしょうか。

従業員満足度はアンケート調査など実施して、調べることができます。把握するための調査項目、調査結果の活用方法について解説します。

従業員満足度を把握するための調査項目
従業員満足度を把握するために行うアンケートの調査項目は、次の3点です。

- 仕事に満足しているか -
仕事そのものの量・質に対する満足度(やりがいを感じているか)、業務上の上司の対応への満足度(上司を信頼しているか)など、仕事への満足度をたずねます。

- メンタルヘルス -
職場における人間関係を中心に、家庭や私生活におけるストレスについても調べます。自由記入欄を設けて、悩みについて聞きましょう。

- 処遇に満足しているか -
給与、労働時間、休暇日数、福利厚生などの自分の処遇に対する満足度をたずねます。

調査結果の活用方法
従業員満足度を把握するために行った調査の結果を元に、向上のための行動を起こさなくてはなりません。

調査結果からわかることは、従業員満足度そのものと、経営・管理面の問題、企業全体の課題などです。明らかになった課題を解決するために、PDCAサイクルを回していきましょう。

また、調査結果は経営者が確認すべきです。従業員満足度を向上させるためには、人事部のみが問題を把握していたのでは不十分です。経営者も課題解決に取り組み、改善されたという実感を従業員に持ってもらえるようにしましょう。

従業員満足度の向上をサポートするヘルスケアアプリ「HELPO」

従業員満足度を向上させるためのポイントは、企業の経営ビジョンの共有、社会貢献できるという感覚、働きやすさを重視した労働条件・職場環境、円滑な社内コミュニケーション、充実した福利厚生などです。

従業員満足度調査を行い、その結果を元に、経営者自身も率先して課題解決に取り組みましょう。

従業員の福利厚生を充実させるのも、従業員満足度の向上を促進する方法の一つです。福利厚生の充実に活用できるのが、ヘルスケアアプリ「HELPO」です。

体調が悪くなり始めた時は「未病」と呼ばれる状態です。病院を受診するほどではないと考え、つい放置してしまいがちです。しかし、未病の段階で対応することが、健康を守ります。

そのような時は、「HELPO」にて、医師・看護師・薬剤師の医療専門チームに気軽に相談をして、チャット形式でアドバイスをもらうことができます。24時間365日体制で受け付けていますので安心です。

体調不良だけではなく、ちょっとした身体の不安や、健康について気になること、生活習慣の悩みなどについても相談できますので、健康管理にとても役立ちます。

まとめ

画像5

従業員満足度を向上させると、業績アップなど、企業にとってのメリットは数多くあります。経営における重要課題として位置づけ、まずは従業員満足度を把握するための調査を行い、その結果を元に、経営者自らも率先して、向上を目指しましょう。

ヘルスケアテクノロジーズでは、ヘルスケアアプリ「HELPO」を通じて、従業員の健康管理をサポートいたします。
従業員の福利厚生を充実させたい、ヘルスケアサポートに興味を持っている、企業様からのお問い合わせをお待ちしております。

画像6
画像7


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!