会社でのストレス解消法とは?受けやすい性格・原因・予防法も詳しく解説
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

会社でのストレス解消法とは?受けやすい性格・原因・予防法も詳しく解説

HELPO マガジン

会社で働いていると、どうしてもストレスが溜まってしまうものです。しかし、仕方がないと考えてそのままにしておくと、健康に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

どうすればストレスの発生を予防したり、発生したストレスをうまく解消させたりして、前向きな気持ちで日々仕事ができるのでしょうか。

そこでこの記事では、会社でのストレスの原因、ストレスを受けやすい性格、ストレスを溜める人と溜めない人の違いについて解説します。また、ストレスの解消法と予防法についても説明しますので参考にしてください。

会社でのストレスの原因

会社でのストレスを解消するためには、まずはストレスの原因を理解しましょう。その上で、取り除ける原因であれば取り除き、なくせないものであれば少しでも減らせないか考えてみましょう。

また、自分ではコントロールできないような原因であったとしても、自分の心の持ち方によって影響を減らせることもあります。

職場での人間関係

職場の上司、同僚などとの人間関係によってストレスが引き起こされるケースが多くあります。職場の人たちと仲良くならなければいけないと考え、うまくいかないと悩んでしまうかもしれません。そのような場合は、発想の転換が必要です。仕事に関係する最低限のコミュニケーションが取れさえすればいいのだと考えましょう。

ただし、パワハラやセクハラに発展するような態度や行動を取る人がいる場合は、注意が必要です。業務上必要な範囲を超えて、精神的・肉体的な苦痛が与えられる場合には、速やかに当事者以外の職場の人や相談機関に相談しましょう。

仕事の量

自分の能力や経験に見合わない仕事量を課せられた場合に、ストレスが発生することがあります。過大な仕事量は、残業が多くなり精神的・肉体的疲労の蓄積につながります。また、逆に仕事を少ししか与えられなかった場合にも、会社ですべきことがなくなってしまい、居づらくなりストレスになります。

仕事量の多少だけではなく、バランスが問題になるケースもあります。他人と比較して自分だけ仕事量が多いと「自分ばかりやらされている」と感じてしまいますし、自分だけ仕事量が少ないと「期待されていないのではないか」と思ってしまい、ストレスになるかもしれません。

仕事のプレッシャー

仕事にはプレッシャーは付き物ですが、プレッシャーがかかり過ぎるとストレスになってしまいます。例えば、大きなプロジェクトの責任者となっている場合には、失敗するわけにはいかないと考えてストレスになります。

また、昇進などにより管理職となり部下を持ったような場合にプレッシャーを感じる人もいるでしょう。責任感があり、仕事を真面目に行おうとする人ほどストレスを感じてしまいがちです。 

給料が安い

給料が高ければ会社での仕事がストレスにならなくても、給料が安いとストレスになってしまう場合があります。仕事が大変なのに見返りが少ないのでは、やりがいを感じられなくなってしまいます。

また、給料が安くなかったとしても仕事に見合った給料ではないと感じられるのであれば、辛く感じられるでしょう。仕事の量、求められる質に給料が見合っていなかったり、自分よりも仕事をしていない人の方が給料が高かったりする場合にも、ストレスを感じてしまいます。

コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの脅威がストレスを引き起こしている場合もあります。自分や家族が感染するかもしれないと考えて眠れなくなったり、不安になったりすると、ストレスになります。

また、在宅でのリモートワークが増えると、人と接したり話したりする機会が激減します。会社の上司や同僚とのコミュニケーションが十分に取れなくなり、雑談などもしなくなってしまい、孤独感がストレスの原因となります。

会社でストレスを受けやすい性格とは

同じ会社で働いていたとしても、ストレスを受けやすい人と受けにくい人がいます。その人の持っている性格の違いにより、感じるストレスが異なるからです。

どのようなタイプの性格の人が、会社でストレスを受けやすいのかを、代表的な6タイプについて解説します。

せっかちな性格

せっかちな性格の人は、ストレスを受けやすいと言われています。短気なため時間に厳しいという特徴を持っています。自分の行う仕事も時間通りにスピーディーにこなす一方で、他人に対しても同じように要求してしまいがちです。

その結果、イライラしてしまったり、余裕のある人間関係を築けなかったりしてしまいます。

完璧主義な性格

何事も真面目にきっちり遂行しようとする完璧主義な性格の人は、妥協が難しいためにストレスを感じることがあります。責任感が強く努力を厭わないというのは長所なのですが、仕事は必ずしも完璧にできることばかりではないので苦労してしまいます。

「まあいいや」と思える部分を持てるのであれば楽になれるのですが、完璧主義を追求しようとするとストレスが発生します。

人当たりのいい性格

他人に対して愛想が良い、人当たりのいい性格の人は、周囲の人にとってはとても居心地の良い人間関係を作ることになりますが、本人はストレスを感じているケースがあります。

不平不満や愚痴を口に出して言えずに、心の内に溜め込んでしまうために、人間関係のストレスを抱えてしまいがちです。

自分勝手な性格

自分勝手な性格の人は、自分のやりたいようにやっているのでストレスを感じていないと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。自分の思い通りにならないとイライラしてしまう頑固さを持っていますので、他人に対する許容範囲が狭いのです。

しょっちゅう他人の言動に対して怒っているために、ストレスを感じてしまいます。

内向的な性格

内向的な性格の人は心の中では嫌だと思っていることであっても、自分の意見を口に出せずに、つい受け入れてしまいがちです。しかし、面と向かって言えないだけですから、「やっぱり断ればよかった」と後から後悔してしまいます。こうしてモヤモヤを溜め込んでしまえば、当然ストレスを感じます。

心配性な性格

自分が心配すべきではないことまで、ついつい考えてしまう心配性な性格の人も心が休まりません。「あれは大丈夫だろうか」「これはこうした方が良かったのではないか」と、常に気を配ってしまうために、ストレスを感じることが常態化してしまいます。心配している状態が続くと病気になってしまうこともあるでしょう。

会社でストレスを溜める人と溜めない人の違い

会社でのストレスは、自分の行動や考え方によっても生じます。それぞれの違いを認識することによって、ストレスへの対処法がわかる場合があります。

会社でストレスを溜める人と溜めない人との違いをタイプ別に7つ紹介します。

細かいことがどのくらい気になるか

会社でストレスを溜める人は、細かいことを気にしすぎてしまいます。自分が行う仕事に対しても他人がしている作業に対しても、細部まで気になってしまい、そのままにはしておけずに対処したり指摘したりしてしまいます。

反対に細かいことを気にしない人は、細部の問題に引っかからずに流してしまうことができるので、ストレスを溜めにくいのです。

困った時に他人を頼れるか

困った時に他人を頼ることができず、なんとか自分一人の力だけで切り抜けようとしてしまう人は、自分の能力の限界を超えていてももがいてしまいますので、うまくいかずにストレスを溜めてしまいます。

一方で他人に協力を求められる人は、ある程度自分の力で試してみてうまくいかない時には手伝ってもらい、ストレスを感じる前に問題を解決することができます。

人の長所と短所のどちらを見るか

会社では他人と一緒に仕事をしなければなりません。その際に人の短所を見てしまいがちな人は、「あの人はこれができない。あんなミスもする」という思考に陥ってしまい、仕事をする上でのストレスを溜め込んでしまいます。

反対に人の長所を見る人は、相手のいいところを評価して自分にも取り入れようと考えますので、成長につながり、ストレスも溜まりません。

楽観的か悲観的か

物事を悲観的に考える癖のある人は、同じ状況に直面した時に、悩んだり辛く感じたりしてしまいます。例えば、新しい仕事を任された場合に「今までの仕事から外されたのだ」と捉えて落ち込んでしまうので、ストレスが溜まります。

一方で物事を楽観的に考える癖のある人は、「自分にとって成長できるチャンスが巡ってきた」と捉えることができるため、ストレスが溜まりません。

短期的視点か長期的視点か

短期的視点を心の中心に持っている人は、常に焦っており、自分で自分のことを急かしてしまいます。いつでも何かに追われているような思考回路になっているために、ストレスが溜まりやすくなっています。

一方で、長期的視点を持っている人は焦ることがあまりなく、ゆったりとした心持ちでいられるためにストレスが溜まりにくいのです。

気分転換がうまくできるか

忙しく仕事をしていることがいいことであると考えており、休むことに罪悪感を覚えてしまうような人は、ストレスを溜めやすいです。のびのびと休息することが苦手なので、気分転換もうまくできません。

一方で気分転換が上手で、休暇を充実させることが良い仕事をすることにつながっていることをわかっている人は、ストレスを上手に発散させることができます。

楽しむことをどのくらい重要視しているか

人生において楽しむことは重要ではなく、やらなければならない仕事をすることこそが重要だと考えている人は、ストレスを溜めやすいものです。

むしろ、楽しむことを重要視して、リラックスした精神状態を保つことでストレスは溜まらず、仕事においても自分の能力を発揮できるようになります。

会社でのストレスの解消法

会社や仕事においてのストレスを軽減、解消させるためには、いくつかの方法があります。人によっても、向いている方法と向いていない方法がありますので、まずはどのような方法があるのかを知っておきましょう。

ストレスの解消法として、運動をすること、趣味を持つこと、おいしいものを食べること、十分な睡眠、悩みを相談すること、友人と話すこと、会社以外のコミュニティに所属すること、旅行することの8つを紹介します。

運動をする

ウォーキングやジョギングなどの適度な運動をすることは、気分転換に効果的です。ただし激しすぎる運動をしてしまうと、かえって疲労してしまうので注意しましょう。

また、運動によって脳の血流も良くなりますし、精神を安定させる脳内の神経伝達物質である「セロトニン」が分泌されることもわかっています。

趣味を持つ

仕事が終わった時間に仕事から切り離された時間を持つことも、ストレス解消には重要です。そのためには、没頭できる趣味を持つことが効果的です。

大好きなことに取り組むことで気持ちを一新し、ストレスを発散することで、再び仕事に戻った時に集中して能力を十分に発揮することができます。

おいしいものを食べる

特に会社での仕事中のランチに、おいしいものを食べることはストレス解消に効果的です。可能な限りゆっくりと、おいしいものを食べることは気分転換にもなりますし、自分へのねぎらいにもなります。

また、栄養バランスに気を配ることも重要です。ビタミンやトリプトファンなど体に必要な栄養素が不足すると、ストレスを感じやすくなってしまいます。

十分な睡眠

質の良い十分な睡眠を取ることは、ストレス解消につながります。心身の疲労をリセットするために、夜更かしはしないで早く寝る習慣をつけましょう。

そのためには睡眠環境を整えることが重要です。カフェイン摂取を控える、就寝前2時間は食べない、ゆったりと入浴する、スマホの電源を切るなどの準備によって、スムーズに入眠しましょう。

悩みを相談する

仕事の悩みを自分の中に抱えたままだと、ストレスはいつまでたっても溜まったままになってしまいます。他人に悩みを相談するだけでも感情が整理されて、ストレスは軽減されます。

相談相手としては、会社の人、会社の相談窓口、家族や友人、「総合労働相談コーナー」などの公共の相談窓口などが考えられます。

友人と話す

仕事とは全く関係のない話を友人と話すことによって、仕事のストレスが解消されることがあります。会社の中にいる時は「自分の人生を左右する大問題だ」と捉えていたようなことでも、たわいのない世間話をしているうちに相対化され、たいしたことではなかったと思い直せるかもしれません。

また、心から笑ったり逆に友人の話を聞いたりしているうちに、気持ちがリフレッシュすることもあるでしょう。

会社以外のコミュニティに所属する

会社というのは、社会の中の一つの組織にしかすぎません。しかしその内部にいて悩んでいると、まるで全世界であるかのように錯覚してしまうこともあるでしょう。

そんな時は、会社以外のコミュニティに所属することによって、自分の世界を広げることができます。趣味の団体や地域コミュニティなどで活動している間は、会社のことを忘れることができて、ストレス解消になります。

旅行する

旅行に行くのも、会社や仕事から物理的にも精神的にも離れることのできる大きなチャンスです。非日常の体験をしたり、初めての事物に接したり、新たな出会いがあったりすることによって、ストレスを発散することができるでしょう。

また仕事上の新たなアイディアや気づきを得て、充実した心持ちで仕事に戻ることができれば、自然とストレス解消につながることもあります。

会社でのストレスの予防法

会社でのストレスが発生する前に予防できれば、ストレスに悩まされなくても済みます。自らできる方法がいくつかあり、それにはちょっとしたコツがあります。

ここでは、会社でのストレスの予防法を紹介します。決して難しいことではないので、自分に合ったものを選び実行してみましょう。

Todoリストをつくる

単純なことのように思われるかもしれませんが、やるべき作業を書き出した「Todoリスト」をつくり仕事を効率化することで、気持ちの余裕が生まれます。

作業項目と優先順位が明確になることによって仕事の段取りが良くなり、目の前の作業への集中力が高まります。その結果、業務に追われるのではなく先を見据えて進められるようになるので、ストレスが溜まりにくくなります。「Todoリスト」の作成には、スマホのアプリなども活用しましょう。

仕事を一人で抱え込まない

仕事を一人で抱え込んでしまうと、自分だけで処理しきれなくなった場合に精神的にも肉体的にも追い込まれて、ストレスが発生してしまいます。残業が多くなったり、十分な休息が取れなくなったりして、ストレスは溜まるばかりになります。

そうなる前に、上司や同僚に相談したりして、他人に任せる選択をしましょう。周囲の人にとっても、仕事を一人に抱え込まれてしまったせいで進行が遅れてしまうのは困るものです。

目指すゴールをイメージする

漠然とした不安を抱えたまま、とにかく仕事を頑張らなくてはならないと考えていたのでは、先行きが見えにくくストレスが溜まってしまいがちです。具体的に自分が目指すゴールをイメージすることによって、そのためには今、何をしなければならないのかを冷静に考えることができます。

長期的な視点を持つことによって、効率化も図れ、短期的な結果にとらわれずに済むことになり、ストレスも発生しにくくなります。

心持ちを変える

仕事に対してネガティブに考えがちな人は、ポジティブな表現に置き換えてみましょう。例えば「失敗するかもしれない」と考えてしまう時に、「必ずうまくいく」というように心持ちを変えてみるのです。

自分に暗示をかけるだけのことですが、これだけでもストレスは発生しにくくなるものです。また、現実を「それほど悪いものではない」とポジティブに受け入れるだけでもストレスを跳ね返す力が高まります。

ストレスチェック制度を活用する

労働者数が50人以上の企業では年に1回の実施が義務化されている「ストレスチェック制度」を活用することによって、自分のストレス状態を把握できます。

ストレスの現状がわかり、その結果に応じて対処することができるので、ストレス予防に役立ちます。必要に応じてセルフケアを行うだけではなく、専門機関に相談しましょう。

会社でのストレスの予防をサポートするヘルスケアアプリ「HELPO」

従業員のストレスは、メンタルヘルスの不調につながる大きな要素です。ストレスを感じて体調が悪くなり始めた時は「未病」と呼ばれる状態です。病院を受診するほどではないと考え、ついそのままにしてしまいがちです。しかし、未病の段階で対応することが心身の健康を守ります。

そのような時は、ヘルスケアアプリ「HELPO」にて、医師・看護師・薬剤師の医療専門チームに気軽に健康医療相談をしましょう。24時間365日体制で受け付けており、チャット形式でアドバイスをもらうことができるので安心です。

体調不良だけではなく、ちょっとした身体の不安や、健康についての気になること、生活習慣の悩みなどについても相談できますので、健康管理にとても役立ちます。「HELPO」を活用することによって、ストレスの予防をしましょう。

まとめ

会社でのストレスは、さまざまな原因によって発生します。ストレスを完全になくすことは難しいものですが、自分でできる有効なストレス解消法や予防法もあります。できるだけストレスを溜めないように工夫して、自分を守り、いきいきと仕事に取り組みましょう。

ヘルスケアテクノロジーズでは、従業員のストレスを予防したい企業様からのご相談をお待ちしております。ヘルスケアアプリ「HELPO」の活用方法など、お気軽にお問い合わせください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!