新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「HELPO(へルポ)」は健康管理に悩む従業員の強い味方

「寝込むほどではないけど体調がすぐれない」、「発熱でつらいけど仕事を休めない」、「気持ちがふさぎ込みがちで出社する意欲がわかない」。

このような身体と心の悩みを持つ企業の従業員は少なくありません。さらに最近では新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークが増え、人と会わず移動が少ない労働環境の中で「運動不足で体重が増えた」、「家に閉じこもりがちでストレスのはけ口がない」など、新たな問題も生まれてきました。

そうは言っても忙しい毎日です。簡単に病院に行くこともできません。時間はあっても待合室で密の状態になることを恐れて受診をためらうこともあるでしょう。また、クリニックによっては発熱している患者の受け入れを制限しているところもあるようです。

困ったときの強い味方

そのようなときに強い味方になってくれるサービスがあります。「HELPO(へルポ)」というオンライン専用の健康医療相談アプリです。1つのスマートフォンアプリの中に「健康医療相談」、「病院検索」、「ヘルスモール」という3つの機能があり、それらが連携してシームレスな健康サービスを受けることができます。しかも24時間365日利用可能です。
具体的な機能を見ていきましょう。

チャット形式で医療の専門家に相談

「健康医療相談」では健康に関する悩みをスマートフォンからチャットで相談できます。Eメールなどではなく、みなさんが日頃利用しているSNSと同様のチャット形式なので親しみやすいのではないでしょうか。相談時間は1回あたり最長60分まであり、焦ることなくじっくりと話を聞いてもらうことができます。

「子供が深夜に高熱を出した」、「急に胸やけがしてつらくて眠れない」。24時間365日対応なので、このような時でも気兼ねなく相談することができます。本人だけではなくお子さんやご両親など、家族の相談もできることもポイントです。

相談は医師、看護師、薬剤師で構成される専門チームが対応します。全員が医療従事者で、アプリ運営会社であるソフトバンクグループのヘルスケアテクノロジーズ株式会社に所属しています。そのため対応品質にばらつきが少なく、高い対応品質を提供することができます。

専門チームの医師は、内科、総合内科、循環器内科、消化器内科、小児科、小児外科、膠原病科、放射線科、美容皮膚科、美容外科、トラベル外来など幅広い範囲をカバーしており、ほとんどの相談内容で対応可能です。

自分で情報を調べることも

自分で情報を調べたい時には「病院検索」がお勧めです。日本全国の病院とクリニックを様々な条件を設定して検索することができます。「受診する診療科」、「夜間救急体制の有無」、「女性医師の在籍」、「クレジットカード利用可」、などの多様なフィルターが用意されており、希望に合った病院選びをお手伝いします。また、どの診療科を受診してよいかがわからない場合には、「健康医療相談」で専門家チームに相談すれば適切なアドバイスを受けることができるでしょう。

医薬品が最短3時間で届く

大手ドラッグストアとの提携により、利用者はECサイトの「ヘルスモール」を通じて一般用医薬品のほか健康食品、化粧品、日用品の購入ができます。もし、どのような医薬品を購入したらよいかわからない場合には専門チームの薬剤師が適切にアドバイスします。商品は午後5時までに注文すると当日中、最短3時間で勤務先や自宅にお届けすることが可能です。(現在は東京23区のみ)

「病院に行く時間がない」、「症状がつらくて動けない」、「今はどうしても職場を離れることができない」。このような場合にぜひお役立ていただきたいサービスです。

利用者からは「安心」、「便利」との声

それでは実際に「HELPO」を利用しているユーザーはどのように感じているのでしょうか。ソフトバンクでは2020年4月から「HELPO」をテスト導入しましたが、「時間を気にせずいつでも相談できて安心だった」、「病院に行かずに医師、看護師に相談できて便利だった」、「毎日のちょっとした不安や余計なストレスが軽減された」などの声が寄せられています。「安心」で「便利」な部分が評価されているようです。

リーズナブルな価格で導入可能

「HELPO」は現在、法人と自治体向けのサービスとなっており個人で契約することはできません。しかし、従業員数の少ない企業でもリーズナブルな価格で導入することが可能です。もし興味を持たれたら人事、総務部門に一度相談されてみてはいかがでしょうか。

画像2

ヘルスケアテクノロジーズ株式会社は、ソフトバンク株式会社がDX(デジタルトランスフォーメーション)領域でヘルスケア分野のさまざまな社会課題の解決を推進するため、2018年10月に設立された会社です。人々の健康増進や医療資源の最適化、国民皆保険の維持に貢献するため、ヘルスケアプラットフォームを提供しています。2020年7月から提供を開始した「HELPO」は、病気の予防や未病改善、健康増進に役立つ機能をワンストップで提供するヘルスケアアプリです。「HELPO」の詳細については、こちらをご覧ください。また、SB新型コロナウイルス検査センター株式会社との連携の下、2020年12月から自治体向けに唾液PCR検査業務の支援を開始し、2021年2月には個人向け唾液PCR検査サービス「HELPO PCR検査パッケージ」の提供を開始しました。

HELPOに関する問い合わせはこちらよりお願いいたします。
ヘルスケアテクノロジーズホームページはこちらをクリックしてください。

画像1