ストレスチェックに意味はないのか?そう思われる理由・実際の効果について解説
見出し画像

ストレスチェックに意味はないのか?そう思われる理由・実際の効果について解説

HELPO マガジン

職場でストレスチェックを受けた時に、「実施してもストレスが減るわけではない」「受けても意味がないのではないか」などという声を聞いたことはありませんか。

実際のところ、どのような効果があるのでしょうか。効果が実感できなければ、意味がないと思ってしまうのも仕方のないことかもしれません。

そこでこの記事では、ストレスチェックに意味はないと思われる理由や意味があると感じられた理由、適切に実施できた場合の効果について解説します。

ストレスチェックとは

ストレスチェックとは、従業員のメンタルヘルスのためにストレス状態を調べる検査のことですが、そもそもどのようなものなのでしょうか。誰が何のために行う検査なのか、具体的にどのようなことをするのか、結果を踏まえて何をしなければならないかについて詳しく解説します。

ストレスチェックの目的

ストレスチェックの目的は、従業員の「うつ」などのメンタルヘルスの不調を未然に防止することです。ストレスチェックを実施することによって、従業員本人と企業が客観的にストレスの存在に気づけるようにします。自覚症状のない人も、自分の状況を見直すきっかけを得ることができるでしょう。

従業員はセルフケアの視点を持って、自分のストレス状態に気づき、個人として対策を講じます。一方で、企業は職場環境を改善し、職場が原因となるストレスの軽減につなげなければなりません。

ストレスチェックの内容

ストレスチェックではまず、従業員が自分のストレス状態に関する質問票に対して選択回答をします。質問の内容は、仕事におけるストレスの原因、ストレスによる心身への影響、周囲のサポートについてです。この調査結果を企業が集計・分析を行い、本人に結果を伝えます。

特に心身のストレス反応が高い場合や、ストレスの原因が多いのに周囲のサポートが得られない場合には、「高ストレス者」と判定されます。判定された従業員から申し出があった場合には、企業は医師による面接指導を実施しなければなりません。さらに必要に応じて、医師の意見に基づき、労働時間の短縮など就業上の対策を行うことが義務付けられています。

ストレスチェックは意味ないと思われる理由

従業員のストレス状態を把握するために行われるストレスチェックであるのにもかかわらず、どうして意味がないと思われてしまうのでしょうか。

従業員側の視点や法人側の視点も踏まえて、「ストレスチェックは意味ない」と思われる理由について説明します。

医師の面接指導にまで進む人が少ない

「高ストレス者」と判定された従業員から申し出があった場合には、企業は医師による面接指導を実施しなければなりません。さらに医師の意見を聞き、必要に応じて就業上の対策を行うことが義務付けられています。

ここまで行ってこそ、企業はストレス対策を実施したと言えるわけですが、従業員からの申し出がなければ面接指導を実施できません。実際は、医師の面接指導にまで進む人が少ないという問題があります。ストレス対策が最後まで行われないので、ストレスチェックは意味がないと思われてしまうのです。

その背景にはメンタルヘルスへの理解不足があると想定されますが、企業としては面接指導の重要性を従業員に説明することが必要です。その上で、人事上の不利益などは発生しないことを周知しましょう。

ストレスチェックを受けても何も改善されない

従業員が、ストレスチェックを受けても何も改善されないと考えているので、意味がないと思われています。高ストレス者判定が出なかった人の中には、結果が通知されるだけだったと思っている人がいるかもしれません。

また、高ストレス者と判定されて医師の面接指導に進んだ人の中にも、医師の話を聞いて終わってしまったと認識している人もいます。

結果を受けたその後に、自らストレス対策を講じたり、企業によって対処がなされたりしてこそ、ストレスチェックは意味と効果のあるものになるのです。

集団分析結果が活用できない

ストレスチェックを行うと、職場・部署ごとに集団分析結果が導き出されます。企業は集団分析を活かして、ストレス対策として職場環境の改善を行わなければならないのですが、どうしたらいいのかわからずに結果が放置されている場合があります。

ストレスの特徴と傾向を把握することによって、企業はストレス要因を軽減させる対策を講じなければなりません。高ストレス者の多い支社や部署における業務内容、労働時間などを見直しましょう。

実際のストレスを把握できない

ストレスチェックは、従業員が自分のことについて質問票に回答する調査です。正直に答えることが調査の前提となりますが、メンタルヘルスに不調を抱えている人の中には、自分の本当の状態を企業に知られたくないと考えて、わざとストレスを感じていないような回答を選ぶケースがあります。

本来、最もストレス対策を講じなくてはならない人のストレス状況を正しく把握できないのであれば、大きな問題です。うつ病などで本当に悩んでいる人が言い出せないでいるかもしれないので、ストレスチェックに意味がないと思われているのです。

ストレスチェックに意味があると感じられた理由

ストレスチェックに意味がないと感じている人がいる一方で、意味があると感じている人もいます。どのような点について、意味を感じたのでしょうか。

意味があると感じられた理由として、ストレスに対する意識改革につながること、早期にメンタルヘルス対策を行えることの2点について説明します。

ストレスに対する意識改革につながる

かつてはストレスで辛い思いをしている従業員がいたとしても、個人的な問題であると捉えられ、企業として重要な問題とは認識されてはきませんでした。しかし、次第にストレスはメンタルヘルスの不調につながることであるとされ、関心が高まってきました。

ストレスチェック制度が始まったことにより、ストレスに対する注目はさらに高まっています。検査が義務付けられたことにより、企業の経営者、管理職のストレスに対する意識改革につながったという側面があります。

早期にメンタルヘルス対策を行える

これまでは、メンタルヘルスの不調を感じてから精神科や心療内科を受診することが一般的でした。しかし、ストレスチェックを行うことにより、ストレス状態を客観的に把握できるので、不調を感じる以前の自覚症状がまだない段階でも、産業医に相談することができるようになりました。

うつ病を発症する前に対策を講じることができれば、より症状を改善させることができるかもしれません。早期にメンタルヘルス対策を行えることにより、ストレスチェックに意味があると感じた人がいるのです。

ストレスチェックを適切に実施できた場合の効果

ストレスチェックについて、意味がないと思っている人もいますし意味があると感じられた人もいます。客観的に判断すると効果はあると言えるのでしょうか。

そこで、ストレスチェックを適切に実施できた場合の効果にはどのようなものがあるのかについて解説します。

セルフケアに関する情報を提供できる

ストレスチェックにより、従業員が自分のストレスについて知り、現状の課題を把握することができます。さらにアドバイスまでもらえるので、自分自身で行うメンタルヘルス対策に役立ちます。適切な対処を行うことによって、メンタルヘルスの不調を未然に防ぐことができるのです。

一方で、企業としては集団分析を行うことによって、特定の部署において不眠、頭痛、腹痛などの身体愁訴の得点が高いなどの傾向が把握できます。そのような場合には、その部署に所属する従業員に向けて、ストレスが発生している可能性があるという情報を提供し、セルフケアに活用してもらいます。

職場環境の改善

結果が集団分析されると、企業にフィードバックされます。問題がある場合には、企業は職場環境の改善をしなければなりません。その際には、ストレスチェックの担当者や産業衛生スタッフに加え、従業員も改善活動に参加してもらうことが重要です。

他社の取り組み事例などを学んだ上で、職場の課題について議論し、改善計画を策定しましょう。改善活動に参加することによって、ストレスチェックを実施して職場環境が改善されたと、従業員が認識できるようになります。

生産性の向上

従業員がストレスを抱えていると、生産性の低下につながるという研究報告がいくつもあります。ストレスチェックの結果により、従業員がストレスを抱えていることがわかったら、メンタルヘルス対策に取り組むことによって、生産性の向上が期待できます。

ストレス対策は従業員の健康課題であると同時に、企業の生産性に大きく関わる、経営課題でもあるという認識を持つべきです。ストレスチェックを適切に実施して、その結果を踏まえて職場環境の改善活動を行い、生産性の向上につなげましょう。

会社でのストレスの予防をサポートするヘルスケアアプリ「HELPO」

ストレスを感じて体調が悪くなり始めた時は「未病」と呼ばれる状態です。病院を受診するほどではないと考え、つい放置してしまいがちです。しかし、ストレスはメンタルヘルスの不調につながる大きな要因の一つです。未病の段階で対応しないと、健康を損なってしまうかもしれません。

そのような時は、ヘルスケアアプリ「HELPO」にて、医師・看護師・薬剤師ら専門家からなる医療専門チームに気軽に健康医療相談ができます。24時間365日体制で受け付けており、チャット形式でアドバイスをもらうことができますので安心です。セルフケアをサポートし、ストレスチェックの効果発揮にもつながるでしょう。

ストレスを原因とした体調不良だけではなく、些細な身体の不安や、健康についての気になること、生活習慣の悩みなどについても相談できますので、健康管理にとても役立ちます。「HELPO」を活用して、従業員のストレスを予防しましょう。

まとめ

従業員のメンタルヘルスの不調を未然に防止するために、ストレスチェックは重要です。意味がないと思っている人もいますが、適切に実施すれば、セルフケアに関する情報を提供できたり、職場環境が改善できたり、生産性を向上させたりできます。

ヘルスケアテクノロジーズでは、従業員の健康を守るためにストレスを予防したいとお考えの企業様からのご相談をお待ちしております。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!