ラインケアとは何か?職場におけるメンタルヘルス対策の取り組みとポイント
見出し画像

ラインケアとは何か?職場におけるメンタルヘルス対策の取り組みとポイント

HELPO マガジン

職場の管理監督者が部下の心の健康をケアするラインケアは、企業のメンタルヘルス対策において重要な役割を担っています。しかしながら、ラインケアの具体的な取り組み内容については、よく分からないという方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ラインケアの内容や実施の際のポイントについて解説します。管理監督者が知っておきたい基本情報を中心に解説するので、これからラインケアを行うという方はぜひ参考になさってください。

ラインケアとは何か 

職場の管理監督者が主体となって行うラインケアは、職場におけるメンタルヘルス対策において重要な取り組みとして位置づけられています。具体的な取り組み内容の前に、まずはラインケアの概要を確認しましょう。

また、ここではラインケアと合わせて厚生労働省が推進するメンタルヘルス対策についても解説します。

ラインケアは職場の管理監督者が部下の心のケアを行うこと

ラインケアとは、職場のメンタルヘルス対策のひとつであり、管理監督者が部下である従業員の異変を察知して相談に応じたり職場環境を改善したりといった支援を行うことです。管理監督者とは従業員に対して指揮・命令を行う上司を指し、部長や課長などがこれにあたります。

従業員のメンタルヘルス不調の発生は当事者にとって苦痛であるだけでなく企業にとっても大きな損失につながるものであり、早期発見が重要です。管理監督者が部下の心の健康状態を把握して必要な支援を行うラインケアは、企業のメンタルヘルスケア対策において重要な役割を担っているといえるでしょう。

厚生労働省が推進するメンタルヘルス対策「4つのケア」

  厚生労働省が定める「労働者の心の健康の保持増進のための指針」では‟「4つのケア」が継続的かつ計画的に行われることが重要”であるとしています。「4つのケア」にはラインケアも含まれ、それぞれ以下のような内容です。

1)セルフケア
従業員自身がストレスやメンタルヘルスを正しく理解し、ストレスに気付いて対処する。

2)ラインによるケア
職場の管理監督者が部下からの相談に対応するなどして、従業員のメンタルヘルスをサポートする。

3)事業場内産業保健スタッフ等によるケア
産業医や衛生管理者、保健師、人事労務管理スタッフらが、セルフケアやラインケアの支援、メンタルヘルスケアの実施に関する企画立案などを行う。

4)事業場外資源によるケア
外部相談窓口や医療機関など、事業所外の専門機関や専門家を活用して支援を受ける。

メンタルヘルス対策が必要な理由 

近年では、国を挙げたメンタルヘルスケアが推進され、企業においてもラインケアなどのメンタルヘルス対策が重要視されています。メンタルヘルスの不調は、当事者だけでなく企業にとっても大きなダメージにつながるものです。ここでは、企業にとってメンタルヘルス対策が重要である理由について解説します。

企業には「安全配慮義務」がある

事業主には、法律により「安全配慮義務」が課されています。労働契約法の第5条には「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」とあり、事業主は従業員が疲労や心理的負担により心身の健康を損なうことがないよう留意しなければなりません。

職場環境や業務により従業員のメンタルヘルスに不調が生じた場合、安全配慮義務違反と判断され、労災認定されたり民事訴訟に発展したりすることもあります。社員の心身の健康を守ることは、このようなリスクを回避するためにも重要といえるでしょう。

健康経営の推進により生産性の低下を防止できる

 メンタルヘルスに不調が生じると、業務の効率や成果が低下し、本来のパフォーマンスを発揮することが難しくなります。状態が悪化すると、うつ病などの疾病になり休職を余儀なくされるケースもあるでしょう。自殺というリスクも考えられます。従業員がメンタルヘルス不調に陥ることは、企業にとって大きな損失です。

貴重な人材を守り生産性を維持するためには、従業員のメンタルヘルス不調を未然に防いだり早期発見したりできるよう、メンタルヘルス対策を含む健康経営の推進が重要であるといえます。

ラインケアの取り組み|管理監督者が行うこと

企業においてラインケアの取り組みを行う管理監督者は、部下のメンタルヘルス不調の早期発見や相談対応、休職者の職場復帰支援、職場環境の改善など多くの役割を果たすことが求められます。管理監督者は産業医等の専門家と連携しながら、適切な対処を行うことが重要です。ここでは、管理監督者が担う主な取り組みについて解説します。

部下のメンタルヘルス不調の早期発見

ラインケアにおいて管理監督者に求められることのひとつが、部下の「いつもと違う」点に気付き、異変を察知することです。部下の行動様式や人間関係に生じた望ましくない変化は、メンタルヘルス不調の兆候かもしれません。

例えば、メンタルヘルス不調の場合、遅刻や早退、欠勤が増加するなど勤怠への影響がみられることがあります。また、思考力や判断力が低下して仕事の能率が下がったり、残業や休日出勤が増えたりと、業務効率が低下するのも不調の兆候のひとつです。

ほかに、不自然な言動や活気のない表情をしていないか、服装の乱れがないかなども注意したい点として挙げられます。このような異変に気付くためには、日頃から部下の行動様式や人間関係に関心を持って接することが必要です。異変に気付いたら、部下の話を聴き、必要に応じて産業医への相談を促すなどの対応をします。

部下が相談しやすい環境作りと相談への対応     

部下からの相談に対応することも、管理監督者の大切な役割です。日頃から部下が相談しやすい環境や雰囲気作りに努めるとともに、過労や心理的負荷がかかる経験をした部下などには管理監督者から積極的に声を掛けるようにします。

なお、メンタルヘルスケアにおいては、健康情報を含む個人情報の保護やプライバシーへの配慮が非常に重要です。情報の収集や管理、使用にあたっては本人の同意を得るほか、情報を正当な理由なく外部に漏らすことがないよう注意しましょう。

部下の相談を受けたら話をしっかりと聴き、必要があれば産業医等への相談を促します。部下によっては、産業医等への相談に抵抗を示す場合もあるかもしれません。そのような場合は無理強いをせず、自分が代わりに行くことを当人に伝えた上で管理監督者が産業医等に相談するなどの対応をとります。

メンタルヘルス不調による休職者の職場復帰支援

メンタルヘルス不調で休職した部下が職場復帰する際、管理監督者は復帰者の気持ちに配慮しながら、復帰を支援します。長期にわたり休職していた復帰者は様々な不安を抱えているものです。また、復帰後すぐに休職前と同じ量や質の仕事をすることは難しい場合が多いでしょう。まずは復帰者の気持ちを受け止めて、緊張を軽減することが大切です。

復帰にあたっては、元職場への復帰を原則としながらも、主治医や産業医の意見等も踏まえて復帰者の状態に合った業務を改めて検討するようにします。また、復帰後も通院が必要な場合は、通院時間の確保にも配慮が必要です。

職場環境の把握と改善

ラインケアにおいては、管理監督者が職場環境におけるストレス要因を把握し、改善に努めることも大切です。ここでいう「職場環境」とは、仕事の量や責任、自由度などに加え、物理的な作業環境や作業方法、組織形態、人間関係など幅広い要素を含むものと捉えられます。

厚生労働省による資料「職場における心の健康づくり~労働者の心の健康の保持増進のための指針~」で推奨されている職場環境改善の流れは、以下の通りです。

ステップ1. 職場環境等の評価
ステップ2. 職場環境等のための組織づくり
ステップ3. 改善計画の立案
ステップ4. 対策の実施
ステップ5. 改善の効果評価

これらのステップを実行するにあたっては、管理監督者は産業医などの産業保健スタッフや人事・労務担当者等と積極的に協力し、職場全体で取り組む必要があります。

管理監督者によるラインケアのポイント

管理監督者に求められる役割は多岐にわたり、また、判断を誤ると部下の状態を悪化させてしまう可能性もあります。そのため、正しい知識や考え方、技術を身に付けることが大切です。ここでは、管理監督者がラインケアを行う上で特に留意したいポイントについて解説します。

不調に気づくためのヒント「けちなのみや」サイン

 ラインケアにおいて、管理監督者は部下の「いつもと違う」点に気付くことが大切ですが、具体的にどのような変化が不調のサインなのか、分かりにくいと感じる方もいるかもしれません。

部下のメンタルヘルス不調の兆候に気付くためのヒントとしては、医学博士の鈴木安名氏が提唱している「ケチな飲み屋サイン」が参考になるでしょう。「ケチな飲み屋サイン」は、うつ病の可能性があるサインを語呂合わせでまとめたもので、以下のような内容となっています。

け:欠勤
ち:遅刻・早退
な:泣き言をいう
の:能率の低下
み:ミス、事故
や:辞めたいと言い出す

部下のこのような変化が目につく場合、声を掛けて話を聴き、必要に応じて産業医やその他の医療機関などと連携して支援することが大切です。

部下の相談対応で重要なのは「傾聴」

部下からの相談に対応する際には、「傾聴」の姿勢でじっくりと話を聴きましょう。「傾聴」においては、相手の気持ちを否定せずに受け止める受容の姿勢と、相手の立場になって話を聴く共感の姿勢を持つことがポイントです。

たとえ相手の話に正しくないと感じられる点があったとしても、否定や批判の言葉は控えるようにします。また、話を聴いている間は、相手に関心を持っていることを表情や態度で伝えることも大切です。このような「傾聴」を心掛けることが、部下との信頼関係の構築・維持につながります。

産業医など専門家との連携も大切

管理監督者が部下のメンタルヘルス不調に気付いた場合、一人で抱え込まずに産業医等と連携することも大切です。部下の不調には何らかの病気が隠れている可能性もあり、産業医などの医師が診断する必要があります。管理監督者の判断では適切な対処ができない場合もあるため、早めに専門家と連携することが望ましいでしょう。

不調を感じている部下あるいは管理監督者がいつでも産業医に相談できるよう、仕組みを整えておくことも必要です。職場によっては、保健師などの事業場内産業保健スタッフが管理監督者と産業医の仲介をするケースもあります。

ラインケアの取り組み|企業が行うこと

効果的なラインケアを行うため、事業者は管理監督者を対象とした研修を実施したり、スムーズなラインケアを実現するための体制作りをしたりといった取り組みをする必要があります。また、ラインケアを主体的に行う管理監督者の健康に配慮することも大切です。ここでは、事業者が行うラインケアの取り組みについて解説します。

管理監督者を対象とするラインケア研修の実施

ラインケアを行うにあたり、管理監督者にはメンタルヘルスに関するさまざまな知識や技術が求められます。そのため、事業者は管理監督者が知識や技術を学ぶためのラインケア研修を実施することが必要です。

研修で習得したい内容としては、「事業場のメンタルヘルスの方針と体制の理解」「心の健康についての正しい知識」「事業場ごとで必要な項目」が挙げられます。具体的な事例なども取り入れながら、実際の職場環境改善に役立つ有意義な内容の研修にするのが望ましいでしょう。

産業医との連携による効果的なラインケアの実現

ラインケアは職場環境や状況によって臨機応変な対応が求められ、誤った対応はメンタルヘルスの不調をさらに悪化させてしまう可能性もあります。事業者は、管理監督者と産業医がスムーズに連携し、最適なラインケアを実現できるようにすることが大切です。

管理監督者に対しても必要に応じて産業医と連携をとるよう伝え、管理監督者が一人で抱え込んだり、適切でない対応を行ってしまったりすることのないようにします。

管理監督者の労働環境の管理

ラインケアを推進する上で事業者が気を付けたいのは、管理監督者の労働環境にも配慮することです。管理監督者自身にもメンタルヘルスの不調が生じる可能性があり、そうなればラインケアの実施も難しくなるでしょう。管理監督者が長時間労働や過度のストレスにさらされることのないよう、事業者が管理することが必要です。

また、ラインケアにおいて休職者の復帰を支援する際は、当事者以外の従業員にも配慮が必要になります。復帰者の支援に注力するあまり、ほかの従業員の負担が増大することがないよう気を付けなければなりません。

メンタル不調の早期発見に「HELPO」を活用

 従業員のメンタルヘルスに不調が生じることは、当事者にとってつらいだけでなく、企業にとっても大きな損失となります。そのため、ラインケアなどの対策によって未然に防止したり早期発見したりすることが理想です。

とはいえ、メンタルヘルスの不調は当事者も周囲も気が付かない間に進行しているケースもあり、悪化するとうつ病などの疾病を発症し、長期の休職を余儀なくされることもあります。管理監督者によるラインケアに加え当事者もセルフケアを心掛け、メンタルヘルスを良好な状態に保つことが大切です。

ヘルスケアアプリ「HELPO」は、心身の不安について、医師・看護師・薬剤師の医療専門チームに24時間365日相談できます。病院に行くほどではないものの気にかかるといった軽い症状についても気軽に相談できるため、メンタル不調の早期発見につながります。

まとめ 

企業において、従業員の健康を守り、生産性の低下を防止するためのメンタルヘルス対策は欠かせません。中でも、管理監督者が部下の心の健康状態を把握して支援を行うラインケアは、メンタルヘルス対策において大切な役割を担うものです。

ラインケアにおいて、管理監督者は部下の不調の早期発見や相談への対応、職場復帰支援など、さまざまなケアを行うことが求められます。効果的なケアを実施するには、正しい知識や技術を身に付けることに加え、産業医等の専門家とのスムーズな連携も大切です。

ヘルスケアテクノロジーズのアプリ「HELPO」は、従業員のメンタルヘルス対策をサポートいたします。より充実したメンタルヘルス対策を推進したいとお考えの企業様からのお問い合わせをお待ちしております。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!