HELPO マガジン
夏バテってどうしてなるの?~メカニズムを知って予防しよう!~
見出し画像

夏バテってどうしてなるの?~メカニズムを知って予防しよう!~

HELPO マガジン

梅雨から夏に向けて気温が高い日が続き、なんだか身体がだるくなったり、食欲がなくなったりしていませんか?病気ではないのに身体の不調が続いてしまう、いわゆる「夏バテ」といわれる症状は、ほとんどの方が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

誰もが経験したことがある「夏バテ」の症状は、対策をすることで予防できます!

ポイントを抑えてしっかり対策を行い、暑い夏を乗り切りましょう!

【そもそも夏バテってどうしてなるの?】

■自律神経のバランスの崩れが原因
気温が高いとき、人の身体は体温が上がり過ぎないように、汗をかき体温を調節します。
この体温を調節する機能は、自律神経が大きく関係しています。
真夏などの暑い時期は、冷房が効いた部屋の中と屋外で気温の差が出てしまいます。
その激しい気温の差を繰り返すことで、自律神経のバランスが崩れ、体温の調節がうまくできなくなり、食欲不振や不眠など、いわゆる「夏バテ」の症状が起こります。

■食事や睡眠も影響
その他にも、汗をかいて身体の中の水分やミネラルなどが不足しやすいこと、冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎることで消化吸収が悪くなること、夜間の暑さによっての睡眠不足になること、なども影響します。

【夏バテを予防するにはどうしたらいいの?】

■身体を冷やしすぎないように注意
室内外の温度差が激しいことで、自律神経のバランスが乱れやすくなります。
ただエアコンなどを使用しないと熱中症のリスクも高まりますので、適切に使用することが大切です。
急激な気温の変化を避けるために、室内外の温度差を5℃以内に抑えるようにしましょう。
直接エアコンや扇風機の風が当たらないようにし、ひざ掛けや衣服などを使って身体が冷えすぎないようにすることも大切です。
自宅ではなく、職場や商業施設などは自分で冷房の調節は難しいため、調節しやすいように上着を一枚持ち歩いたり、レッグウォーマーやリストウォーマーを使ったりするのもおすすめです。

また、寝るときには、暑さで寝にくくなったり、空調が効きすぎて寒くなったりすることで睡眠の質が低下してしまいます。睡眠の質を高めるために、エアコンの設定温度は28度前後を目安に、室内外の温度差が5℃以内の過ごしやすい温度になるように調整しましょう。

■栄養をしっかり摂取する
暑い夏の時期は冷たい飲み物や食べ物を摂ることが多くなります。
しかし冷たい飲み物や食べ物ばかり摂っていると、胃腸に負担がかかりやすく、消化吸収も悪くなり、食欲不振などの症状につながります。
そのため、気温が高い時期にも室内にいるときには、温かい飲み物や味噌汁、スープなどを取るように意識しましょう。

また、そうめんや冷やし中華など炭水化物がメインの食事の場合、タンパク質やビタミンなどが不足しやすく、だるさなどの症状が起こりやすくなります。
そのため、以下のようなタンパク質やビタミンB1が多く含まれている食品も意識してとるようにしましょう!

  • タンパク質が多く含まれている食品:肉類、魚類、卵、大豆食品など

  • ビタミンB1が多く含まれている食品:豚肉、大豆食品、ウナギ、玄米、ナッツなど

食欲がない時には、梅干しやレモン、オレンジなどの柑橘系の果物もおすすめです!
梅干しや柑橘系の果物にはクエン酸が多く含まれています。クエン酸には疲労回復効果があり、食欲増進も助けてくれるので、食欲がない時にぜひ意識してみてください。

■こまめに水分補給する
夏バテの時には、熱中症にもなりやすいため、こまめに水分補給することも重要です。
一気に大量の水分を摂取すると胃腸に負担がかかるため、冷たすぎない飲み物を10~15分おきなど、のどの渇きを感じる前にこまめに飲むようにしましょう!

また、水分と同時に塩分も失われています。緑茶や水だけでなく、一緒に塩分が含まれている飴をなめたり、スポーツドリンクや経口補水液などで塩分補給することをお勧めします。

夏本番を迎える前からしっかり対策をして、夏バテに負けずに夏を元気に乗り切りましょう!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!